雑学

【雑学】1月28日はコピーライターの日!〜今日は何の日?

1月28日は【コピーライターの日】です!

なぜ【コピーライターの日】となったのか、その由来・理由やプチ雑学をまとめました。

由来・理由

1956年1月28日に公布された「万国著作権条約」によって、著作物に「Copyright(著作権)」の頭文字Cを丸で囲んだ記号を附記しよう!と定められました。
この「コピーライト」を「コピーライター」にかけて、1月28日が「コピーライターの日」とされたそうです。

1月28日に公布された「万国著作権条約」ですが、日本ではこの年の4月28日に発効されています。

ちょこっとメモ

コピーライターとは、広告などに使われるキャッチコピーを考える職業のこと。
糸井重里さんの「生きろ。(もののけ姫)」など、誰もが知っていて誰の心に残るような、印象的なキャッチコピーが数多く存在しています。

プチ雑学

1月28日はコピーライターの日!……といえど、特にイベントなどが各地で行われるわけでもなく、あまり周知もされていない記念日です。

実は11月11日も「コピーライターの日」という記念日があります。
こちらは株式会社宣伝会議がコピーライター養成講座開講50周年を記念し、「1111」が鉛筆やペンが並んだように見えることから制定されたもの。
雑誌や書籍の出版・講座展開などもされている大きな会社が制定した記念日なので、「コピーライターを盛り上げよう!」と、こちらの記念日の方が様々な企画が行われることも……。

まとめ

1月28日【コピーライターの日】。
コピーライターによる印象的な言葉の作品は、テレビを流しているだけでもどんどん溢れてきます。街中で目にすることも多いはず。

改めてどんなキャッチコピーがあるのかを気にしてみて、言葉に込められた意味や思いを感じてみてはいかがでしょうか?

-雑学
-