雑学

【雑学】8月30日は冒険家の日!〜今日は何の日?

冒険家の日

8月30日は【冒険家の日】です!
なぜ【冒険家の日】といわれるのか、その由来・理由やプチ雑学をまとめました。

朝礼のスピーチ、メルマガ配信、話のネタの参考にどうぞ!

由来・理由

1965年8月30日に、同志社大学南米アンデス・アマゾン遠征隊がアマゾン川の源流から130kmを世界で初めてボートで下りました。
また、1989年8月30日には海洋冒険家の堀江謙一が世界最小のヨット「ミニマーメイド号」での太平洋の単独往復(サンフランシスコ〜西宮間)を達成しました。
これらのことから、8月30日が「冒険家の日」として制定されました。

ちょこっとメモ

世界最小ヨット「ミニマーメイド号」は、わずか全長2.8mのヨットでした。

プチ雑学・トリビア

未知なる場所への冒険。
子供の頃などに一度は憧れたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな冒険家に関する雑学・豆知識を集めました。

「冒険家」という職業はある?収入源は?

テレビや小説、漫画、ゲームなどでは頻繁に聞くことのある「冒険家」。しかし実際には周りに冒険家の人ってなかなかいませんので、あまり馴染みがない仕事ですよね。
しかし「冒険家」や「探検家」などは職業として存在します。

冒険家の仕事は「まだ足を踏み入れたことがない場所を探す」ということが目的の仕事。
ジャングルや山岳地帯、南極・北極、海の中など、さまざまな場所を行き先として冒険を行います。
ワクワクすること・得られることもたくさんありますが、もちろん命を脅かす危険も大変多い仕事です。

そんな冒険をする冒険家。「どうやって収入を得ているか」ということが気になりますよね。
企業に勤めているわけでもなく、むしろ冒険をするためにはかなりの資金が必要となります。

冒険家は以下のようなところで収入を得ています。

冒険家の収入源

  • 冒険用具のメーカーとのスポンサー契約
  • 冒険後の書籍出版による印税
  • 講演会への出演のギャラ
  • テレビ・雑誌等への出演のギャラ

冒険家に年は関係ない?

冒険家は特別な資格や学歴が問われず、目指すときや冒険をするときの年齢は関係ありません。

冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎氏は、なんと世界最高齢となる80歳で3度目のエベレスト登頂に成功し、大きな功績を残されています。
また、海洋冒険家の堀江謙一氏は、こちらも世界最高齢となる83歳で、ヨットによる単独無寄港の太平洋横断を達成されました。

冒険=若い人がするというイメージもありますが、80歳を超えても冒険家として大きな活躍が可能なのです。

ただし、冒険家には体力・精神力・リスクに立ち向かう勇気・危険を回避する判断力などが重要です。
若いうちからそういった力を鍛える必要はありそうですね。

まとめ

8月30日の【冒険家の日】。

1965年8月30日に同志社大学南米アンデス・アマゾン遠征隊がアマゾン川の源流から130kmを世界で初めてボートで下ったこと、1989年8月30日には海洋冒険家の堀江謙一が世界最小のヨット「ミニマーメイド号」での太平洋の単独往復(サンフランシスコ〜西宮間)を達成したことから制定された記念日でした。

未知というものへの憧れや、誰もが成し遂げたことのない偉業を目指して活動する冒険家たち。
彼らから大きな希望や感動を与えてもらえることはとても多いですよね。
冒険心や好奇心を胸に、私たちも前向きに生きていきたいですね。

-雑学
-