家事・生活

お肉を焼く&炒めるときに「油を使った方がヘルシー」って本当?

2021年12月9日

ダイエット中でも食べたいお肉♡
ダイエッターのみなさんはお肉を焼くとき、どのように焼いていますか?

脂肪分をなるべく減らしてヘルシーに食べたい。そんな気持ちから、油を引かずに焼くことは「ダイエットあるある」ではないでしょうか。

でもここで衝撃的な事実!
実は油を引いてお肉を焼いた方が、ヘルシーに食べられるとの情報が。これ、知ってました?

油を引いて炒めると何故ヘルシー?

カロリーを落としたくて油を使わないのに、どうして油を使った方がヘルシーなの?
そんな疑問がわいてきちゃいますよね。

実は油には、「油同士は溶け合う」という性質があります。
そのため油をしっかり引いてお肉を焼いていくと、油なしで焼いた時と比べてお肉の表面からじゅわじゅわと脂が出てくるのです。
油性ペンを落とすときにクレンジングオイルや油で落ちる原理と一緒ですね!

お肉から流れて溢れた油をキッチンペーパーで拭き取れば、ヘルシーなお肉の出来上がり!

ちなみに、脂が溶け出た後のお肉を蒸すことでさらにカロリーを下げることができますよ。

ダイエット向きの油を使用してさらに効率アップ!

とはいえ、普通の油を使うのは抵抗がある……という方も多いのでは?

最近はスーパーでも、健康への影響を考慮されたヘルシーオイルをよく見かけますよね。

カロリーが従来よりも低い油、体に脂肪がつきにくい油など様々あります。
お肉を焼くとき・炒めるときに、こうした油を使うことでさらに効率をアップさせましょう。

日清オイリオ ヘルシーリセッタ

日清オイリオのリセッタはスーパーの商品棚に必ずと言っていいほど並ぶ、定番のヘルシーオイル。
食べた後エネルギーになりやすい、植物成分・中鎖脂肪酸の働きにより、体に脂肪がつきにくい健康オイル。
大手メーカーという安心感もさることながら、消費者庁に認められている特定保健用食品というのも高いポイントですね。

AJINOMOTO 健康サララ

コレステロールが気になる方は、味の素の健康サララがおすすめ。
コレステロールの体内への吸収を抑える働きがある植物ステロールを豊富に含んでいる油で、こちらも消費者庁に認められた特定保健用食品なんです。
油を使っているのにコレステロールを下げることができるなんて、嬉しいですよね。

油=ダイエットの大敵ではない!

どうしても油=太る、油=ダイエットに向かないというイメージがありますが、実は油も使い方によってヘルシーな役割を担うことができることが分かりましたね。

他にも「β-カロテン」など脂溶性ビタミンが豊富な野菜(にんじんやチンゲン菜など)は、油で炒めることで栄養価が高まることも。

油への偏見や極端な制限はやめて、正しい食生活を送るよう心がけましょう。
健康=ダイエットへの近道です!

-家事・生活
-