【WordPress】プラグイン無しで投稿記事・固定ページを複製する方法

WordPressの記事を書く時、「複製」で記事を書きたい方は多いのではないでしょうか。
記事の体裁を一から作っていくより、既に完成したものから編集していった方が記事執筆の効率は格段に良くなります。

ワンクリックで複製ができるようになるプラグインもWordPressには存在しており、大人気。
ただし様々な事情でプラグインが使えない場合・プラグインをあまり使いたくない場合などもあるかと思います。

最近のWordPressには素敵な機能があり、プラグインより工程がほんの少しだけ多くはなるのですが、プラグイン無しで簡単に記事をコピーすることができます

「すべてのコンテンツをコピー」で複製記事を作成

コピーしたい記事の編集画面を開き、右上の「設定ボタン」のさらに右にある3点ボタンをクリックすると、下記画面のようなメニューが開きます。

こちらのメニュー下から3つ目にある「すべてのコンテンツをコピー」をクリックすると、記事のブロックが全てまるごとコピーされます。
見出しや文章はもちろん、画像、メディアやコードなども全てそのままの状態でコピーできています。

この状態で「新規追加」から新しい記事を作成し、「Ctrl+V」や「command+V」などで貼り付ければ完了です。
記事の端から端まで選択してコピーする必要はなく、ボタンひとつで簡単・わかりやすい操作の記事複製ができました。

カスタムフィールドには「すべてのコンテンツをコピー」が使えない

さて、こちらでお伝えした「すべてのコンテンツをコピー」については、「投稿」や「固定ページ」のメニューに存在する項目。あくまで「ブロック」をコピーするものです。
残念ながら現時点では、プラグインやカスタマイズして作った「カスタムフィールド」で項目を作って記事を作成している場合、メニュー自体が存在しない・存在してもカスタム部分はコピーされないことも。

カスタムフィールドを複製したい場合は、プラグインが必要です。

複製が簡単にできるプラグイン

人気の複製プラグインをサラッとご紹介。

こちらのプラグインを使えば、記事一覧の各記事のところから「編集・削除」の他に「複製」を選べるようになり、クリックするだけで複製記事が下書きで作成されます。

複製プラグインがうまく反映しないケースにも注意

カスタム投稿やカスタムフィールドにも使える複製プラグインですが、その場合も稀に「内部的にきちんと複製がされていない」というケースがある点に注意が必要です。

私が経験したことがあるのは、カスタムフィールドのリレーション項目
カスタム記事同士を関連記事として選択して紐づけるために、記事内でリレーションを設定できるようにしていたのですが、複製時にこのリレーションが内部だけ反映されない状態となっていました。
見た目は問題なく、内部的というのがポイント。記事編集を見たらちゃんと設定されているはずなのに、表側でサイトをチェックしてみたら関連記事が表示されていない……ということがあるのです。

これはプラグイン同士の相性の問題もあり、単独での対処は難しいです。できなくはないですが、PHPで色々と対応が必要となり、難易度は高めです。
プログラミング知識がない場合は、該当箇所のみ「いったん削除→保存→再度選択し直して保存」という工程を踏めば反映されるようになります。
編集画面とサイト表示が異なる箇所は気付きにくいので、注意が必要です。

まとめ

私は以前複製プラグインを使用していましたが、極力プラグインは減らしたいので現在はこの「すべてのコンテンツをコピー」で記事を複製&作成しています。

プラグインは簡単でとても便利で、なくてはならないものも多々あります。
その反面、あれもこれもと増やしてしまうと、サイトの動作が重たくなることも。削れるところは削っていきたいですよね。

いったん無しで「すべてのコンテンツをコピー」使ってみて、これも面倒だと思ったらプラグイン導入を検討する形でも良いかと思います。